阪神大賞典は3連複的中するもやはりトリガミ

トリガミ

重賞の中で1番固いと言われてる阪神大賞典の結果ですが・・・・

今年も本当に固かったです。

なんのアクシデントもなく人気馬がそれなりの着順ということで

結果はガチガチで低配当。

的中はしましたが・・・完全なるトリガミという残念な結果でした

2017年阪神大賞典結果

1着 9 サトノダイヤモンド 牡4 57 C.ルメール
2着 3 シュヴァルグラン 牡5 57 福永祐一
3着 4 トーセンバジル 牡5 56 四位洋文
4着 8 タマモベストプレイ 牡7 56 吉田隼人
5着 1 スピリッツミノル 牡5 56 幸英明
6着 10 マドリードカフェ 牡6 56 岩田康誠
7着 7 ワンアンドオンリー 牡6 57 武豊
8着 5 トウシンモンステラ 牡7 56 小崎綾也
9着 6 レーヴミストラル 牡5 56 川田将雅
10着 2 ウインスペクトル 牡5 56 丹内祐次

予想した内容は

タマモベストプレイ

トーセンバジル

レーヴミストラル

サトノダイヤモンド

シュヴァルグラン

というベタな予想。タマモベストプレイが絡んで来れてサトノが飛べば・・・という淡い期待がレース終盤まで続きましたがやはり自力の差がでてしまい見事に1着でゴールでしたね。

3連複の10点予想で配当が470円。

10000円が4700円という完全なるトリガミという結果。

結果的にはサトノダイヤモンドはやはり強い。シュヴァルグランもまだまだいける。

という確認ができたレースでした。

まぁしょうがいないです。気持ち切り替えて今週はG1です。高松宮記念ですね。きっちりプラスだしていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。