エリザベス女王杯の穴馬を評価してみる

ウインプリメーラのエリザベス女王杯の回避が発表されました。

これで当初の希望通りに15頭の出馬となりそうです。流れがこちらに向いてきてる気がします。

怪しい穴馬と認識していたウインプリメーラの回避は正直うれしいですね。

エリザベス女王杯を回避してジャパンカップに挑むようです。

それではウインプリメーラ以外の穴馬をチェックしていきます。

まず現時点での5頭候補馬としては

マリアライト
ミッキークイーン
タッチングスピーチ
クイーンズリング
マキシマムドパリ

この5頭です。

なのでコレ以外の気になる馬をピックアップします

シングウィズジョイ

上記5頭に比べると実績・実力不足を感じますが・・・まず騎手がルメール。そして友道厩舎。ここ最近の重賞はだいたい友道厩舎ですからね。ここは気になるところです。

パールコード

人気しているので穴馬でもないんですが5頭からはずした馬。出走レースは6レースとは少ないものの5レースは複勝圏内の実績。前走の秋華賞は惜しくも2着という発展途上中の若手馬。5頭に入れた実力馬たちの何頭かは休養明けと不安が残る状況でこの馬の勢いは気になるところです。勢いとしては2着3着ぐらいに来る可能性は高い気がします。

ヒルノマテーラ

平場を地味に勝ち続けてのG1初挑戦の馬。ベテランの四位騎手で第2のマリアライトとなる可能性がほんの少しあるかも。枠順と展開がハマれば・・・3着がいいところですかね

 

ってちょっと無理して穴馬をピックアップしましたが可能性ありそうなのはシングウィズジョイとパールコードぐらいな気がしています。特にパールコードは人気もしていますが何か期待してしまうものがありますね。まだまだ3歳でこのエリザベス女王杯で覚醒する可能性もありそうです。負担斤量も54キロと2キロのハンデをもらっています。エリザベス女王杯は過去外枠の勝率が高いようなので大外とかにパールコードが入るようであればココは押さえると思います。シングウィズジョイも同様です。大外に来たら押さえたい馬です。マキシムドパリがアウトして大外の馬がインすることになるでしょう。

まだ時間はありますのでエリザベス女王杯についての情報収集していきます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。