菊花賞の枠順を見て思うこと

当たる競馬ニュース

G1なので金曜日ではなく木曜日に出馬表が発表されました。

これでのんびりと予想を考えることができますね。出馬表を見て考え直す馬、

新たに候補になる馬などについていろいろ書いていきたいと思います。

まずは出馬表ですね。

2016年菊花賞出馬表

1 カフジプリンス 牡3 57 岩田
2 ジョルジュサンク 牡3 57
3 サトノダイヤモンド 牡3 57 ルメール
4 シュペルミエール 牡3 57 北村宏
5 ミライヘノツバサ 牡3 57 藤岡佑
6 ディーマジェスティ 牡3 57 蛯名
7 レッドエルディスト 牡3 57 四位
8 ミッキーロケット 牡3 57 和田
9 イモータル 牡3 57 ヴェロン
10 ウムブルフ 牡3 57 浜中
11 レインボーライン 牡3 57 福永
12 コスモジャーベ 牡3 57 丹内
13 エアスピネル 牡3 57 武豊
14 アグネスフォルテ 牡3 57 松山
15 サトノエトワール 牡3 57 池添
16 プロディガルサン 牡3 57 田辺
17 ジュンヴァルカン 牡3 57 Mデムーロ
18 マウントロブソン 牡3 57 川田

菊花賞で揺るがない馬

サトノダイヤモンド

揺るがないどころかさらに1着というポジションに近づいたと思っています。内枠の3番となりディーマジェスティとの対決がさらに楽しみになりました。

ディーマジェスティ

6番です。きっと大外だとしても揺るがないと思います。横からサトノダイヤモンドの状況見ながら走れますね。ただ1着はサトノダイヤモンド!ディーマジェスティは2着か3着かな。

枠順確定後の穴馬予想

昨日の記事で穴馬を3頭ピックアップしました。

ウムブルフ
カフジプリンス
ミッキーロケット

それぞれの枠を見ていきます。

1番 カフジプリンス

いきなりやばい枠に入りました。カフジプリンスに1発あるならこの枠だと思っていました。というわけでこのカフジプリンスはめちゃくちゃいい枠に入りました。これは見過ごせない馬になったと思いますが穴ではなくそこそこの人気が出る可能性も出てきました。

8番 ミッキーロケット

この馬の評価が微妙高いのはやはり神戸新聞杯でサトノダイヤモンドに迫ったことが大きいでしょう。しかしあのレースはいろいろな情報サイトを見る限りではサトノダイヤモンドはそこまで勝負しにいってるレースではなさそうです。つまり本調子ではないってことですね。なので枠順にかぎらずちょっと評価を下げました。切るかもしれません。

10番 ウムブルフ

捲くる馬なのでこの10番は悪くない枠順でしょう。この馬もまた見過ごせない馬になりました。カフジプリンスと同様もしかしたらもしかするのかもしれません。

今日の枠順確定後に候補になった馬がいます。

4番 シュペルミエール

そうです。4番で北村騎手です。この組み合わせは去年の覇者キタサンブラックと全く同じです。なにか縁があるんでしょうか。重賞初参戦でいきなりのG1。平場では複勝率100%と安定してます。カフジプリンスは人気上昇しています。穴馬狙うならこの馬ですね!!

 

今年の菊花賞の枠順は良いですね。人気馬がそれなりに良いところに入り穴馬候補馬もかなり良枠に入りました。負ける言い訳としては枠順は消えたと思います。

あとは天気ぐらいでしょうか。菊花賞もりあがってきました。シュペルミエール食い込んできたら絶叫してしますね。明日あたりに最終予想していきます!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。